2013年07月14日

1-3 利益の出し方 為替差益編

FXはどうやって利益をだすの?



FXの利益の出し方は2パターンあります。
1つは前回も少し話した為替レートの変動です。
2つめは金利差を利用して利益を出すスワップポイントで稼ぐ方法です。
スワップポイントは次の回で詳しく話すとして、今回は1つめの為替レートの変動で利益を出す方法について詳しくお話します。

為替差益は円安でも円高でも利益が出せる



為替レートの変動によって利益を出す方法は、為替差益やキャピタルゲインなどと呼びます。

為替差益はドルが安い時に買って高くなったら売る。安い時に買ったものが、値上がりしてから売るのでその差額が利益になります。

例えば1ドル100円の時に1万円でドルを買うと100ドルを買うことが出来ます。(10000円÷100円)

これが1ドル110円になった時に100ドルで円を買うと11000円(100円×110円)になるので1万円が11000円に増えました。
こうすることで、円安の時はドルが安い時に買って高く売ったらその差額で利益を出すことが出来ます。

では円高の時はどうするか


円高の時は高く売って安く買い戻す



無いものをどうやって売るの?と思いますが、例えば新発売のゲームソフトを友人から借りたとします。それをすぐに買い取りに出し売ります。時間がたって中古のゲームソフトの価格が下がったら買い戻して友人に返すと、新発売の時に高く売ったゲームソフトが中古で値が下がった時に安く買い戻したその差額が利益として残ります。

友人に借りたものでそんなことをしたら問題ですがFXでは有効な手段です。

FXでは、ドルを買ったり円を売ったりしていますが両替のように実際にドルや円を交換している訳ではありません。


FXは買ったら必ず売って取引終了。
売ったら、必ず買いもどして取引終了。
というように必ず最後に反対売買をして取引が完結するというルールがあります。

その為、円高の時は最後に買い戻す事を前提にないもない状態でも売る事ができるのです。

ドルがない状態でも売る事を空売りと言います。

空売りをすれば、1ドル100円の時に100ドルを売って(円を買って)1万円にします。
1ドルが90円になった時に1万円でドルを買い戻せば約111ドル(10000÷90)になります。11ドルが増えたので990円が利益となります。

この空売りを利用することで、為替レートが上がっても下がっても利益を出すチャンスがあります。
これがFXの魅力の1つである常にチャンスがある為替差益です。


予想が外れると損失を出す可能性もあります



今まで説明した方法は予想通りの値動きになった場合で円安になると予想してドル買いをしたけれど、逆に円高になってしまえば、損失が出てしまうのでリスクの管理が大切になります。
posted by MUNE at 01:26| 1章 FXの基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。