2008年02月25日

値動きを読むために

ここまでは、注文を出す練習として売買してきましたが
ここからは、利益を上げる為の取引をしていきましょう。

常に動いているレートはただ不規則に動いている訳では
ありません。

世界中で為替にかかわる人達が、売買をしていて
それによってレートが変化しています。

買う人と売る人
人気があり買う人が大勢いると値上がりします。
逆に人気が落ちて大勢が売ると値下がりします。

景気がよくなった、金利が上がったなどその国で
何かいいことがあったとき、買いたい人は増えます。

逆に悪いこと、戦争、テロが起きた。景気が悪くなっている
そんなときは、売りたい人が増えます。

また、下がったときに安いうちに買っておこうとみんなが
思えば値上がりしたり、値上がりして利益が出ているから
決済しようとする人が増えれば値下がりします。

常にこんなことが起こりながらレートは変化しています。
つまり値動きを予想することは、次に多数派がどんな
行動をするかを予想することです。

FXにおいて行動は買いか売りの2パターンです。
この時点で確率は50%。

その時が安値であれば買う方の確率が上がります。

そして、その値動きをグラフにすることで参加者の
行動を予想することができます。

posted by MUNE at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。