2008年04月15日

後期高齢者医療制度で年金天引き始まる

今日、いよいよ加入者の医療保険料の
天引きが始まった。

後期高齢者医療制度(こうきこうれいしゃいりょうせいど)
とは、75歳以上の高齢者等を対象とする、他の健康保険とは
独立した日本の医療保険制度。

今まで、年金をあてに生活してきた高齢者は
たまったもんじゃない。
75歳を過ぎて、働くにも働けない。医療費は掛かる。

老後は年金があるからと年金を払わせるだけ払わせておいて、
いざ金がなくなったら天引き?

長年続けた生活レベルを落とすのはかなりキツイバッド(下向き矢印)

あと47年後、私が75歳になる時は、どんなになって
いるんだろうモバQ
まず、年金はあてに出来ないし国も信用できない。
そもそも、この状況で年金を払う気になれないちっ(怒った顔)

国に頼らず、収入を確保できる力を今からつけておく必要を
強く感じました。
posted by MUNE at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。