2008年04月26日

米ドルの紹介

経済規模でみても世界のGDP(国内総生産⇒国内で生産した財貨や
サービスの付加価値の合計額)の3分の1はアメリカが占めている
(日本の約3倍!人口も多いけど)ことからもアメリカの国力は
圧倒的なものがあり、基軸通貨(国際的にもっとも使用頻度が
高い通貨)もドルです。

しかしアメリカの、経済の景気後退を受け基軸通貨としての信頼が
揺らぎ始めているといわれてますが。。

そのため為替市場にとっても凄く影響力がある通貨です。

特にアメリカの中央銀行、FRB(連邦準備制度理事会、日本でいう
日銀)の動向は為替レートに大きな影響力があります。

現在のFRB議長(日本の日銀総裁のポスト)のバーナンキ氏の発言は
世界中の市場参加者が注目しています。

基軸通貨だけに、情報も多いのでFXをはじめるには取引し易い
通貨だと思います。
posted by MUNE at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94788437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。