2008年05月11日

レバレッジ編

FX(外国為替証拠金取引)の特徴とも言えるレバレッジ。

小額でハイリターンが狙えるのもこのレバレッジがあるからなんです。

レバレッジは日本語で「てこの原理」という意味で内容はこうです。

例えば米ドルを1万ドル買うには約100万円が必要です。
これを1万円で買うことができる。これがレバレッジ100倍です。

どういうことかと言うと買うときにFX会社に証拠金として1万円預けます。
そして100万円分を運用させてもらいます。
決済をして取引を終了させると証拠金の1万円を返してもらえます。

ドルの取引の流れで説明すると

1ドル100円の時に1万ドル買う。1万円の資金を証拠金として預けレバレッジ100倍で
100万円の取引。

1ドル101円(円安ドル高)で売る(決済)。1万ドルが101万円になる。
100万円はFX会社に戻るからFX口座には1万円が残ってこれが利益。
証拠金で預けていた1万円と合わせて資金は2万円に。

ただその逆で損することもあるからレバレッジの設定を高くするのは
リスクの管理を覚えてからにしましょー

おしまい。
ラベル:レバレッジ FX
posted by MUNE at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。