2008年09月17日

FX口座の選び方,取り扱い通貨ペア,ラインナップ

取り扱い通貨ペアのラインナップ

通貨ペアというのは、ドル/円やユーロ/ドルなど2つの通貨の組み合わせのことです。
外国為替は2カ国の通貨の売買なので、たとえば ドル/円の場合はドルと円を使って取引することになります。

どこのFX口座でも基本的に扱っている通貨ペアは、

ドル/円
ユーロ/ドル
ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
カナダドル/円
スイスフラン/円

です。この通貨ペアはホントにどのFX口座にもあります!

メジャーな通貨なので、情報も入手しやすく初心者向きの通貨ペアです。(ポンドは値動きが荒いですが^^;)

2つの通貨の組み合わせなので、先ほど上げた通貨でもポンド/ドル・豪ドル/ドルなど対ドルの組み合わせや豪ドル/NZドルなどの組み合わせも存在します。

少し余談ですが、基本的には円資金でFXをするので(外貨で資産を管理することが出来るFX口座もあります。)ユーロ/ドルなど円が絡んでない取引の場合、円をドルやユーロに換えての取引になります。

例)ユーロ/ドルのユーロ買いの場合

日本円でドルを買う→ドルでユーロを買う 

といった形になります。決済(売却)する場合は

ユーロでドルを買う→ドルで日本円を買う

とドル/円の取引も自動的にされることになります。


なので日本円が絡まない通貨ペアでも円高や円安の影響で利益が違ってきます。

余談はここまでにして取引する通貨ペアを選ぶことはFX投資で投資先を選ぶことなので、選択肢は多いに越した事はありません。

FX口座によって取り扱っている通貨ペアにはかなりの差があり、取り扱いの多いFX口座では128種類の通貨ペアなんてのもあります!マイナーな通貨の組み合わせもあるので上級者にとっては魅力的かもしれません。

ただ、その通貨の情報や知識が少ない状態での取引は危険です。これからFX口座を開こうというFX初心者の方の通貨ペアのラインナップのチェックポイントとしては取引したい通貨ペアを扱っているか程度の選び方をすると良いと思います。

またしても余談ですが、取引量の少ない通貨ペアでは取り扱い停止ということもありえるようです。
かざか証券では流動性が低い点や今後の市場展望等を勘案した結果から平成20年9月13日より中国人民元/日本円の取引を一時停止にするという連絡が来ました。

取引量の少ない通貨はそんなこともあるんですね!
posted by MUNE at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

今朝の1分間で口座残高がマイナスになりました・・(続編)



先週の月曜日の朝に一瞬にして資金を失い口座残高がマイナスになりました。
>>今朝の1分間で口座残高がマイナスになりました・・

口座残高がマイナスになることは初めてだったので、利息がつくのか気になっていましたがやっぱり利息がつくようです。

11日にFXトレーディングシステムズから口座資産不足に伴うご入金のご依頼という件名のメールが来ちゃいました。

「外国為替証拠金取引約款・規定集 第16条 遅延損害金の支払い」というのがあって債務の履行を怠った場合、遅延損害金が発生するから至急入金するようにとのことです。

さっそく、約款の第16条を読んでみると、年率14.6%の割合で遅延損害金が発生するそうです。

そりゃそうかというわけで、速攻で入金しました。

口座残高のマイナスはその後増えてなかったので、遅延損害金はまだ付いていなかったみたいです。これ金額が大きかったら結構怖いですね^^;

値動きが大きいとロスカットの値も入らないとなると、相場が荒れている時はポジションを持たないか、証拠金を多めに入れておくかしないとダメって事ですかね。
posted by MUNE at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。